業者と蜂

早めの対策

白蟻の検査

駆除サービスの歴史と変遷

地中で行動するシロアリはジメジメとした湿気の多い場所を好むため、住宅床下は最適な環境な場所として住みつきます。住宅内や住宅周辺でシロアリを見つけた場合、床下に潜んでいる可能性が高いため、早めの対策が必要となります。地中に薬剤を注入したり基礎に薬剤散布する等、住宅状況に合わせて施工する事で、健康的な住宅を維持できます。 これまで木造住宅が多かった日本ですが、気密性の高い洋風住宅が増えた事で、シロアリ駆除施工も変化しています。床下だけでなく湿気が集中する場所全てに施工するため、高い効果が期待できる方法を取り入れる事で、シロアリを寄せ付けない施工となります。時代によって変化する住宅仕様や技術の変化に合わせ施工方法を変える事で、進化するシロアリに効果的に働きます。

今後期待されるシロアリ駆除サービス

住宅構造を保護するためシロアリ駆除を積極的に行った結果、抗体のあるシロアリも登場しているため、新しい薬剤の開発が期待されています。これまでの薬剤では効き目が薄くなっているため、確実に駆除し効果が長持ちするような、強い薬剤の開発が求められています。 住宅仕様も変化しているためシロアリも進化しており、入るのが困難とされている気密性の高い住宅の上部にも侵入しています。基礎や柱をつたい住宅内部へと範囲を拡大する性質があるので、初めの対策が肝心となるため、初期段階で封鎖する必要があります。そのため動きを封じる役割のある薬剤の開発が期待されており、体に付着したら思うように動かなくなる等、即効性のある薬剤が注目されています。

Copyright © 2015 シロアリや蜂の駆除を行う~助けて駆除するマン~. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com

このエントリーをはてなブックマークに追加